今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

1969年の初代から現代のスカイラインまで!

車種

1969年の初代から現代のスカイラインまで!
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

スカイラインミュウジアムに並ぶ歴代のスカイライン、ファンにはたまらない光景である

どこにそんなに魅力があるのか?

スカイラインGT-Rは、日産と合併する前のプリンス工業の設計担当だった桜井眞一郎氏が手がけた夢の車と自分は思います。

自動車レースなどにも参戦して名実ともに有名になってきたのです。
その後日産の開発者、水野和敏の手に依って次々と新しいGT-Rが誕生したのである。

エンジン、ボディー、足回りすべてに魅力がいいっぱいです。

R-35形はレーシングタイプのGT-Rとして、初代から数えて車両型式で言うと6代目になる車である。
エンジンで言うと、初代から数えて11代目になります。
誰でも、どこでも、いつでも、スーパーカーの魅力を体験出来る、全く新しい
「新次元のスパーカー」である。


こののサイト管理者本人談・・・
約40年前に、実際にこのスカイライン2000GT-Rのエンジンをオーバーホールした経験を持っています(ただし助手として)凄く良い体験をさせて戴きました。
自分の先輩の整備士に助手としてサポートしました。
エンジン(S-20)をバラバラにして1つ1つのパーツを目視や毛細管テストなどで細かい部分まで点検調査して、ダメなパーツは新しい物と交換し、また元の形に組み立てていくのです。もの凄く神経を使う作業でした。
もっともっと詳しく語りたいのですが、何せ記憶の方が追いつきせんのであしからず
組み立てが終り、試運転の時は心が躍るというのか、破裂しそうでしたまた、元の様に動くのかと!
しかし見事に甲高いエキゾーストの音を響かせて動いた時は、感動物です。
その後、試運転もさせて戴きました。
もの凄く、クラッチが堅く大変でしたが、良い経験をさせていただきました。

GT-R”の歴史は、ツーリングカーレースで活躍した先代プリンス・スカイライン2000GT-B(S54B-II型)の後継車として、1968年10月開催の第15回東京モーターショーへ「スカイラインGTレーシング仕様」を出品したことに始まる[1]。これはスカイライン2000GT(GC10型)の車体へ、GTプロトタイプレーシングカーである日産・R380のエンジン・GR8型をベースに開発された直列6気筒DOHCエンジンを搭載したものである。この「GTレーシング仕様」がほぼそのままの形で、1969年2月に初代GT-R(PGC10型)として発売された。以降、2世代5代に渡って開発・生産・発売された。

スカイラインの中でもレースでの使用を主として開発された車種であり、日本を代表する高性能車の1つである。レースレギュレーション内で最大の性能を発揮する専用エンジンと装備品を組み込んでいるのが特徴であり、出場したモータースポーツ全般で数多くの勝利を上げている。

出典 http://ja.wikipedia.org


キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
1
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

月別アーカイブ

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸